経済プレミアインタビュー

東京・水道橋のホテル3代目女性社長の決断とは

編集部
  • 文字
  • 印刷
「庭のホテル 東京」の客室で撮影に応じる木下彩さん
「庭のホテル 東京」の客室で撮影に応じる木下彩さん

「庭のホテル 東京」木下彩総支配人に聞く(2)

 東京都千代田区のJR水道橋駅近くで営業する「庭のホテル 東京」は、創業80年になる。ホテル総支配人の木下彩さんの祖父が、戦前に旅館を開業し、70年代に祖父を継いだ父が業界でビジネスホテルの先駆けとなる「東京グリーンホテル水道橋」に建て直した。95年に運営会社の代表取締役に就任した3代目の木下さんは、ビジネスホテルの将来性への疑問が徐々に膨らみ、2009年再び全面建て直しに踏み切る。インタビューの第2回は、木下さんのホテル建て替えの決断の経緯を聞く。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長、写真は米田堅持】

 ──木下さんの祖父がこの地で1935(昭和10)年に旅館、森田館を開業したのが創業ですね。

この記事は有料記事です。

残り2227文字(全文2550文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz