スキル・キャリアキャリアセンター ここだけの話!?

10月1日目前「内定辞退」迫られる決断できない学生

都内・某共学大進路指導担当

 間もなく10月1日を迎える。就活生にとっては内定式が行われる日である。ここまで来ると、来春卒業予定者の就職活動も一段落する。

 というのは、「順調に」就職活動が進んでいる学生たちの話。そうではない学生にとっては、これからひと山もふた山もある。

いやなことは少しでも先送りが最近の若者気質

 例えば、内定式の呼び出しがかかっているのに、出席するかどうか決めかねている学生がいる。複数の企業から内定をもらい、どこにお世話になるか、ぎりぎりまで決断ができないのだ。

 いや、すでに決めているのに、採用担当者に内定辞退が言い出せない学生もいる。言えば、「すでに誓約書を出しているのに、なぜですか」と問いただされる。いやなことは少しでも先送りしたいのが、最近の若者気質である。

 なので、大学の就活支援の担当職員は、この時期、就活生一人一人に連絡を取り、「複数の内定を抱えている場合は早急に1社に絞り込むこと。内定辞退は遅くなればなるほど企業に迷惑がかかる」と指導している。しかし、それができない学生もいる。

 職員が心配しているのは、内定式当日、企業の人事部から大学に電話がかかり、「そちらの○○さんが無断で内定式を欠席した。連絡が取れないが、大学ではどのような指導をしているのか」と言われることだ。

オワハラに続いて「内定辞退」が今年の就活キーワードに

 それでも内定を持つ学生はまだいい。活動継続中の学生は、内定式のニュースをテレビや新聞で見て、また気持ちが落ち込む。すでに後期の授業が始まっているので、卒論にも取りかからなければならない。これがまたひと苦労だ。

 今年は表向き8月1日に面接が解禁になり、経団連加盟の大手企業はすべてではないが、このルールを守った。これら大手企業から内定をもらった学生は、それまでにもらった内定を辞退することになる。その動きは今も続いている。今年は例年になく「内定辞退」が就活戦線のキーワードになっている。

    ◇    ◇

 キャリアセンターは、大学生の就職活動を支援する学内組織です。ベテランのキャリアセンター職員が、学生の悩みや就活戦線の動きをつづります。このコラムは随時、掲載します。

企業の「オワハラ」はねのけ、ずぶとい就活生になろう

勝手に選ぶな!「大学ランキング」

キャリアセンター ここだけの話!?

都内・某共学大進路指導担当さんの紹介ページ

経済プレミア・トップページはこちら

都内・某共学大進路指導担当

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…