キャリアセンター ここだけの話!?

10月1日目前「内定辞退」迫られる決断できない学生

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 間もなく10月1日を迎える。就活生にとっては内定式が行われる日である。ここまで来ると、来春卒業予定者の就職活動も一段落する。

 というのは、「順調に」就職活動が進んでいる学生たちの話。そうではない学生にとっては、これからひと山もふた山もある。

 例えば、内定式の呼び出しがかかっているのに、出席するかどうか決めかねている学生がいる。複数の企業から内定をもらい、どこにお世話になるか、ぎりぎりまで決断ができないのだ。

 いや、すでに決めているのに、採用担当者に内定辞退が言い出せない学生もいる。言えば、「すでに誓約書を出しているのに、なぜですか」と問いただされる。いやなことは少しでも先送りしたいのが、最近の若者気質である。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1013文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。