消費者に刺さるモノづくり

悪質なフォルクスワーゲン不正 背景に世界制覇の野望

永井隆・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、ディーゼルエンジン車に搭載した違法ソフトで、米国で排ガス規制を不正に逃れていた問題が発覚した。不正に関連する車が世界で約1100万台に達する大スキャンダルに発展している。

 業界関係者から、「不正の背景に、急拡大を続けてきたフォルクスワーゲンの世界制覇への野望があった」との声も出ている。フォルクスワーゲンに何が起きていたのか。深層を緊急報告する。

この記事は有料記事です。

残り2519文字(全文2714文字)

永井隆

ジャーナリスト

1958年群馬県桐生市生まれ。明治大学卒。東京タイムズ記者を経て、92年にフリージャーナリストとして独立。「サントリー対キリン」(日本経済新聞出版社)など著書多数。