ヤフーニュース トピックス編集部リーダー伊藤儀雄氏(左)と、同アプリ サービスマネージャーの河野清宣氏
ヤフーニュース トピックス編集部リーダー伊藤儀雄氏(左)と、同アプリ サービスマネージャーの河野清宣氏

IT・テクノロジーニュースアプリ最新事情

後発のヤフーニュースアプリが追求する「使いやすさ」

まつもとあつし / ジャーナリスト

ヤフーニュース 強さの秘訣(2)

 スマートフォンのホーム画面の中で常に「タップされる地位」を獲得する、つまりアイコンをタッチして真っ先に起動してもらえる存在になる。そして、プッシュ通知でニュース配信を受け取ってもらえる関係をユーザーと維持するのは、ニュースサービス競争の最も重要な要素である。

 Yahoo!(ヤフー!)ニュースは、アプリでは後発と言えるが、現在、どのような取り組みを行っているのか。ヤフーニュース トピックス編集部リーダーの伊藤儀雄(よしお)氏と、同アプリ サービスマネージャーの河野清宣氏に、アプリの戦略を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1940文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。