キャリアセンター ここだけの話!?

「猫の目」採用日程に振り回される学生たち

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 来年の採用・選考活動の日程はどうなるのか。一般的な見方は現状維持。つまり、後ろにずらした今年の日程をそのまま継続するというものだが、経団連の榊原定征会長は9月28日の記者会見でも、来年どうするかについて明言せず、「精査しなければならない」と述べるにとどまった。

 これを受けて、いくつかの新聞やテレビがこの問題を報じた。新聞では「来年、どう動く?」「現状維持? 微修正?」といった見出しが並ぶ。

 経団連以外の経済団体では、経済同友会の小林喜光代表幹事が「(来年の大幅なスケジュール変更は)時間的…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文674文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。