部下を伸ばす上司 ダメにする上司

「部下のスタンドプレー」で炎上した上司の自業自得

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 IT企業では、上司よりも部下の方が新しい技術に詳しく、上司の指示や支援を受けずにシステムを開発するのが一般的です。日進月歩で技術進歩する業界ですから、管理職の上司は現場実務を部下に任せ、顧客の発注者と部下だけでプロジェクトが進むことも少なくありません。

 しかし、部下に全てを任せるのは問題です。部下が責任を超えた約束を勝手に発注者側としてしまう「スタンドプレー」をすると、後で問題が起きた時に上司は責任の取りようがありません。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1229文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。