マンション・住宅最前線

以前から売っている「旧価格」継続物件が狙い目

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 今、首都圏の不動産市況は明らかな上昇局面に入った。山手線内側を中心にした都心部ではマンション価格が激しく上がり、それでも飛ぶように売れている。

 その影響は周辺部に波及し、準都心や近郊外エリアでも価格が上昇。川崎市の武蔵小杉や横浜市のみなとみらい地区では、70平方メートル台の3LDKが7000万円以上というケースも出ている。

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1248文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。