ロボットと人間とミライ

ヒト型携帯ロボホンを開発した傷だらけシャープの意地

石川温・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
シャープが発表したヒト型携帯ロボホン
シャープが発表したヒト型携帯ロボホン

 10月7日から千葉県・幕張メッセで開催された日本最大級のIT・家電展示会「CEATEC」(シーテック)。今年はソニーや東芝、NTTドコモが出展を見合わせ、盛り上がりに欠ける内容になるかと思いきや、意外なところから救世主が現れた。

 シャープがモバイル型ロボット電話機「RoBoHon」(ロボホン)を発表したのだ。

 シーテック開幕前日のプレスデーに行われた記者会見は、会場から笑いが起こるほどの盛り上がり。多くのネ…

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1874文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石川温

ジャーナリスト

1975年、埼玉県生まれ。中央大学商学部を経て、98年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社。日経トレンディ編集部で、ヒット商品、クルマ、ホテルなどの取材を行ったのち、独立。キャリア、メーカー、コンテンツプロバイダーだけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの海外取材、執筆活動を行う。テレビやラジオなどでのコメント出演も多い。メルマガ「スマホ業界新聞」を配信中。