消費者に刺さるモノづくり

ビール「世界大再編」の波は日本に及ぶのか

永井隆・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 ビール世界最大手、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が、世界第2位の英SABミラーを約13兆円で買収することで基本合意した。2014年の世界シェアはABインベブが20.8% 、SABミラーは9.7%。単純に合算すると30.5%、つまり世界シェアのおよそ3割を握る超巨大企業が誕生することになる。

 世界のビール産業にM&A(合併・買収)、再編の波が本格的に押し寄せたのは2000年代に入ってから。再編劇の主役は、「バドワイザー」で知られるアンハイザー・ブッシュを08年に約5兆円で買収したインベブであり、この買収でABインベブが誕生した。

 ABインベブがあるベルギーのビール市場は、米国の25分の1程度の規模。このため、早くから海外に目を向け、M&Aによる短期間の規模拡大を戦略的に進めてきた。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1588文字)

永井隆

ジャーナリスト

1958年群馬県桐生市生まれ。明治大学卒。東京タイムズ記者を経て、92年にフリージャーナリストとして独立。「サントリー対キリン」(日本経済新聞出版社)など著書多数。