はてなの石田樹生プロデューサー
はてなの石田樹生プロデューサー

IT・テクノロジーニュースアプリ最新事情

膨大なURLの蓄積が新サービスになる「はてな」

まつもとあつし / ジャーナリスト

はてなの生存戦略(4)

 インターネットサービスの発展に広告は重要だ。日本最大のソーシャルブックサービス「はてなブックマーク」にとってもそれは同じだ。ウェブページ上やアプリ内に広告を配置して収益を上げている。一方で、はてなの石田樹生(じゅうせい)プロデューサーは、ユーザー数などの規模ではなく、サービスの質が大前提だと話す。ウェブサービス全般から見れば巨大とは言えないはてなは、どんな未来図を描くのか。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1666文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。