部下を伸ばす上司 ダメにする上司

ミスを指摘してもつぶれない部下を育てる上司力

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 IT業界では、成果物に対するレビュー(批評)を重視します。プログラムや設計書を他人が検証するのは、作った本人より間違いを見つけやすく、品質確保に有効だからです。

 ただ、当然ですが、批評される側は楽しくありません。ミスを次々と指摘されるうちに、責められている気分になるからです。批評する人を敵視したり、自信を失ってやる気をなくしたりすることもあります。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1361文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。