サッポロ「極ZERO」再発売のPRイベント=2014年7月
サッポロ「極ZERO」再発売のPRイベント=2014年7月

政治・経済決算書で読み解く企業のリアル

サッポロ「極ZERO」騒動に見る酒税法の天下無双

高下淳子 / 税理士

ビール4社の決算比較(3)

 ビールを主要事業とする酒類製造販売大手各社は、国内の市場規模縮小だけでなく、複雑な酒税法への対応も求められます。最近では、サッポロの「極ZERO」を巡り、同社と税務当局の意見が対立しています。時に、税制が企業業績に影響を与えることもあるのです。各社の酒類事業の利益率を比較してみましょう。その他事業も含めた戦略も見ていきます。

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2193文字)

高下淳子

高下淳子

税理士

税理士・米国税理士・ファイナンシャルプランナー。外資系コンサルティング会社(監査法人)に勤務ののち独立開業。税務会計顧問業、経営コンサルティング業の他、各地の金融機関、シンクタンク等の講演・セミナー講師、企業内研修の企画実施などで活躍している。著書に「とにかく、みんなで考えよう! 日本の借金 わが家の税金 わたしの年金」(中央経済社)などがある。