経済プレミア・トピックス

<傾斜マンション>名門・旭化成トップ陳謝「3000件調査急ぐ」

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見の冒頭に謝罪し、頭を下げる旭化成の浅野敏雄社長(手前から2人目)、旭化成建材の前田富弘社長(同3人目)ら=東京都千代田区で2015年10月20日
記者会見の冒頭に謝罪し、頭を下げる旭化成の浅野敏雄社長(手前から2人目)、旭化成建材の前田富弘社長(同3人目)ら=東京都千代田区で2015年10月20日

 横浜市都筑区の大型マンションが施工不良で傾いた問題で、基礎のくい打ち工事を担当した旭化成建材の前田富弘社長と、親会社・旭化成の浅野敏雄社長らが20日、東京都千代田区で記者会見を開いた。会見の途中、浅野社長が「申し訳ない」と言葉に詰まり、涙を流す場面があり、名門企業に起きた不祥事の深刻さを物語った。

2チームでくい打ち、問題は1チームだけ

 両社の説明や質疑応答によると、工事を担当した現場担当者に対し、延べ22時間にわたって聞き取り調査をした。現場担当者は「くいは支持層に到達したと思っていた」と繰り返し話していることを明らかにした。さらに、「くい打ち工事のデータの転用は認めている」とも説明した。

 実際には、くい6本が支持層に到達しておらず、2本が支持層への差し込みが不十分で、マンションが傾いて…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2235文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz