この酒場この一品

日本初? “のどぐろ”専門店で極上の魚を味わいつくす

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
新鮮なのどぐろ
新鮮なのどぐろ

東京・銀座「のどぐろ専門 銀座 中俣」

 「赤なのに黒、ってなあに?」。なぞなぞみたいだが、そんなまか不思議な魚がある。その正体は「あかむつ」。文字通り体が赤いためこう呼ばれる。しかし、のどの部分が黒いことから、別名「のどぐろ」と呼ばれている。いまや、正式名称の「あかむつ」より、「のどぐろ」の呼び名の方が有名だから、ややこしい。

 のどぐろと言えば、金沢や富山、島根などで水揚げされる日本海の魚、というイメージが強いが、実は長崎県…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1601文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。