イベントで対談するソフトバンク副社長のニケシュ・アローラ氏と孫正義社長=10月22日、亀井和真撮影
イベントで対談するソフトバンク副社長のニケシュ・アローラ氏と孫正義社長=10月22日、亀井和真撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

「165億円の男アローラ」で試される孫社長の直観力

編集部

ソフトバンクの「後継者」(2)

 東京・日本橋のホテルで開かれたソフトバンクグループの孫正義社長(58)と「後継者」のニケシュ・アローラ副社長(47)の公開対談は、聴衆約1200人が見守る中で行われた。壇上で孫社長に向き合ったアローラ氏は、とても自然体でリラックスしているように見えた。

 まず孫社長が「初めてニケシュに会ったとき、すごく頭がいいと思った。私がグーグルとビジネス上の交渉をしていて、ニケシュがグーグル側の交渉責任者として出てきた。交渉を通じて相手をよく知ることができる。ニケシュの能力、聡明さを知り、尊敬するようになった」と持ち上げた。

 アローラ氏も当時を振り返り、「私も孫社長を、言葉に信念のある人だと思った」とエールを交換して、1時…

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2116文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz