スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

どんな仕事にも「大宴会と打ち上げ」が必要だ

細川義洋 / ITコンサルタント

 ITシステムの導入は、「Never Ending Project」(終わりなきプロジェクト)と言われます。建設業界で新しいビルが完成すると、施主と建設会社が笑顔で握手を交わすでしょう。商社で企画した商談がまとまれば、関係者が集まって祝杯をあげるはずです。

 しかしIT業界は、システムが本格的に稼働しても多くの課題が残ります。開発に一区切りついても、技術者が達成感や満足感を得づらい環境なのです。不具合の解消や追加開発の仕事が続くので、喜びに浸る余裕はありません。

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1301文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。