経済プレミア・トピックス

<旭化成建材>新たに109本のくい打ちデータ不正発覚

編集部
  • 文字
  • 印刷
旭化成建材本社に立入検査に入る国交省の職員ら=東京都千代田区で2015年11月2日、望月亮一撮影
旭化成建材本社に立入検査に入る国交省の職員ら=東京都千代田区で2015年11月2日、望月亮一撮影

 旭化成建材による建物のくい打ち施工データ改ざん問題で、旭化成建材と親会社の旭化成が11月2日、東京都千代田区で記者会見を開いた。旭化成の平居正仁副社長は、旭化成建材が過去10年間で行ったくい工事3040件のうち、19件で施工報告書のくい打ちデータに改ざんが見つかったと発表した。この19件にはくいが支持層に届いていない横浜市都筑区のマンションが含まれる。

 また会見が始まった直後の同日午後5時すぎ、国土交通省は建設業法に基づき、旭化成建材本社(東京都千代…

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1569文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz