大勢の報道陣が集まる中、旭化成建材本社に立入検査に入る国交省の職員ら=東京都千代田区で2015年11月2日
大勢の報道陣が集まる中、旭化成建材本社に立入検査に入る国交省の職員ら=東京都千代田区で2015年11月2日

くらしマンション・住宅最前線

<傾斜マンション>もしくい打ち不良が判明したら……

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

施工不良の対応法(1)

 くい打ち不良で傾いたマンションの影響がさらに拡大している。くい打ちをする際のデータ改ざんが他にもみつかり、不安が広がっているからだ。

 しかし、データが改ざんされているからといって、必ずしも建物が傾くわけではない。くいが支持層まで到達していれば傾く心配はない。だが「調査の結果、あなたのマンションもデータが改ざんされていました」と知らされれば、誰でも驚く。不安で眠れない人も出てくるだろう。そんなとき、どうすればよいのか。

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1647文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。