週末シネマ

おしゃれで小粋な「ナポレオン・ソロ」リメーク映画

勝田友巳・毎日新聞学芸部長
  • 文字
  • 印刷
(c)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
(c)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

ガイ・リッチー監督「コードネームU.N.C.L.E.」

 このところスパイものが次々と公開されて、どれもハズレがない。「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」や、これから公開の「007 スペクター」のような超大作のシリーズは、スターの顔と物量で派手にたたみかける重量級。

 対して007のパロディーでありながら、正統派でもあった「キングスマン」(マシュー・ボーン監督、公開中)や本作のように、(決して小さくはないにしても)それほどでもない規模の作品でも、アイデアとセンスで見せる。軽量な分だけ小回りが利いて、痛快で爽快だ。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1510文字)

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。