経済プレミア・トピックス

<欠陥エアバッグ>ホンダはなぜタカタを見限ったのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見で質問に答えるタカタの高田重久会長兼社長(中央)=2015年11月4日、梅村直承撮影
記者会見で質問に答えるタカタの高田重久会長兼社長(中央)=2015年11月4日、梅村直承撮影

巨額制裁金を科せられたタカタ(1)

 自動車部品大手タカタの欠陥エアバッグ問題で、11月3日、二つの大きな動きがあった。まず、米運輸省のタカタに対する制裁金の発表が引き金となった。米運輸省はタカタが自動車安全法に違反したとして、過去最高額の最大2億ドル(約240億円)の民事制裁金を科し、多発したエアバッグの事故の原因と指摘される硝酸アンモニウムを使ったエアバッグの生産・販売を段階的に止めるよう命じたのだ。

この記事は有料記事です。

残り2098文字(全文2301文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz