躍動する科学ベンチャー

遺伝子研究は病気予防と副作用対策を加速させるか?

丸幸弘・株式会社リバネス最高経営責任者
  • 文字
  • 印刷
ジーンクエストの高橋祥子社長
ジーンクエストの高橋祥子社長

 個人向け遺伝子解析サービスを展開しながら、日本人の平均的な遺伝子分布の研究にも取り組むジーンクエストは今後、どのようにビジネスを展開するのだろうか。同社の高橋祥子社長とリバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)が語り合った。【司会・構成、経済プレミア編集部 田中学、写真は亀井和真】

 ──個人向け解析サービスで集めた、まだ働きのわからない遺伝子も含めて膨大なデータベースを構築することが、どのようなビジネスにつながるのでしょうか。

 ◆ジーンクエスト・高橋祥子社長 他社のサービスは通常、働きのわかっている部分の遺伝子だけを解析します。そして、お客様に病気のリスクや体質などの結果を伝えて、体質に合ったヘルスケアサービスを提供したり、化粧品やサプリメントを販売したりします。解析時1回きりのサービスで、その後の物販などで収益を上げるモデルがメインです。

この記事は有料記事です。

残り2078文字(全文2454文字)

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。