くらしマンション・住宅最前線

くい打ち不正が引き起こす「滞り」「人材流出」「価格高騰」

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 横浜のくい打ちデータ改ざん問題を受けて、11月15日にテレビの討論会に出演した。その席で石井啓一国土交通大臣にひとつお願いをした。それは、「10年前の構造計算書偽装問題のときのような厳しすぎる対応は、影響が大きいのでぜひ考慮していただきたい」というものだった。

 今回のくい打ち問題でも、厳しい対応はもちろん必要だ。しかし、あまりに厳しすぎると、10年前のような弊害が生じてしまう。それも問題ですよと話したわけだ。

 限られた時間内の発言だったので、説明不足の部分もあったと思う。「10年前のような問題」の中身を分か…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1475文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。