シゴト勘が身につく15の方法

極度に形式を嫌った慶大生がやってしまったコト

羽田啓一郎・マイナビ キャリアデザイン推進課長
  • 文字
  • 印刷
ジャーナリストを目指す石井大智さん
ジャーナリストを目指す石井大智さん

 筆者が主宰するMY FUTURE CAMPUSが昨年開催した高校生向けビジネスコンテスト「キャリア甲子園2014」。決勝大会に進んだ広島の高校3年生、石井大智(だいち)さんは、生産者と消費者がソーシャル・ネットワーキング・サービスで情報交換しながら、農産物をネットで販売する仕組みを提案し、高い評価を得た。

 石井さんは当時、県内屈指の進学校に通っていたが、3年生の11月に突然中退した。その後大学を受験し、現在は慶応大湘南藤沢キャンパス(SFC)で学んでいる。将来は、ジャーナリズムの世界に進みたいという。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2056文字)

羽田啓一郎

マイナビ キャリアデザイン推進課長

1979年神奈川県生まれ。2003年立命館大学を卒業後、毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に入社。就職情報サイト「マイナビ」を運営する就職情報事業部を経て、11年4月からキャリアデザイン推進課長。13年から「MY FUTURE CAMPUS」を主宰している。同志社女子大学嘱託講師も務める。