なぜリーダーは生け花にハマるのか!?

セイノー田口、丸井・青井両社長がはまった生け花の魅力

編集部
  • 文字
  • 印刷
セイノーホールディングス社長の田口義隆さんの作品
セイノーホールディングス社長の田口義隆さんの作品

 底辺が30センチほどの四角すいを逆さにした黒い器から、太さのある青々とした竹が数本伸び上がっている。交わった竹の前面には真っ赤な花。そして、小ぶりの青い花を左手に持ち、器の前で逡巡(しゅんじゅん)するスラックス姿の男性──。西濃運輸を傘下に持つセイノーホールディングス社長の田口義隆さん(54)である。

 行ったり来たりしていた左手が5秒ほど止まり、田口さんは意を決したようにその場所に青い花を置いた。赤い花、その下の紫の花、その奥に青い花が配され、見事なグラデーションが完成した。

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2395文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz