くらしマンション・住宅最前線

マンションを無性に買いたくなるお盆明けと正月明け

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 マンションや建売住宅など、分譲住宅が1年間で最も売れる時期はいつか。その答えとして、5月のゴールデンウイークや秋のシルバーウイークを思い浮かべる人が多いだろう。

 確かに3〜4年前までは、ゴールデンウイークとシルバーウイークは不動産業界にとってかき入れ時だった。だから、マンションの販売センターや住宅展示場では休日ごとにイベントを用意してお客様を迎えていた。

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1409文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。