「この人、この土地」だから生み出せる一品

うまみあふれる郡山「里の放牧豚」の一石三鳥

小高朋子・旅食ライター・カメラマン
  • 文字
  • 印刷
インコントラ・ヒラヤマ(郡山)のシェフが放牧豚を使った料理=小高朋子撮影
インコントラ・ヒラヤマ(郡山)のシェフが放牧豚を使った料理=小高朋子撮影

 一見、牛肉と見間違うほど赤身の色が深く、肉質は細やか。時間をかけて火を入れた肉のジューシーな脂にコクがあり、甘みのある香りとほどよい歯ごたえが後をひく。この肉の正体は、福島県郡山市「ふるや農園」が育てる「里の放牧豚」だ。

元気に駆け回る健康な放牧豚

 山あいの斜面に広がる放牧地に立つと、遠くに豚の姿が見えた。こちらの気配に気づくと、ものすごいスピードで駆け寄ってきた。豚がこんなにも速く走るのかと驚く。そして、人懐っこさがある。

 30アール(約3000平方メートル)もある敷地に、たった10頭の豚が放たれていた。一般的な養豚畜舎…

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2341文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。