今日からはじめる投資信託

NISAか確定拠出年金「どこで運用するか」が大切だ

竹川美奈子・ファイナンシャル・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「第1回経済プレミアセミナー」で「今からはじめる『自分年金』づくり」をテーマに講演する竹川美奈子さん=東京都千代田区の毎日ホールで2015年12月9日、戸嶋誠司撮影
「第1回経済プレミアセミナー」で「今からはじめる『自分年金』づくり」をテーマに講演する竹川美奈子さん=東京都千代田区の毎日ホールで2015年12月9日、戸嶋誠司撮影

低コストの投資信託を活用して資産形成をはじめよう、というと、証券会社や銀行に行ってすぐに投資信託を買おうとする人がいます。

 でも、ちょっと待ってください。

 投資をするにあたって、国内と海外、株式や債券にどの程度の割合でお金を割り振るかを考えたり、どの商品を選ぶかを検討したりすることは大事です。でも、これからは「どこで」投資信託を買うかという視点も持ちたいものです。

この記事は有料記事です。

残り2670文字(全文2853文字)

竹川美奈子

ファイナンシャル・ジャーナリスト

出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年フィナンシャル・プランナー資格を取得。取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金、マネープランセミナー等の講師も務める。「新・投資信託にだまされるな!」(ダイヤモンド社)など著書多数。