日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長=東京都新宿区で2015年10月15日、亀井和真撮影
日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長=東京都新宿区で2015年10月15日、亀井和真撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

欧米には存在しない株主優待制度の「功罪」

窪田真之 / 楽天証券チーフ・ストラテジスト

株主優待目当ての投資は問題か(1)

 マクドナルドの苦戦が続いています。業績は過去4年間で大きく悪化しています。期限切れ鶏肉使用や異物混入といった不祥事が続き、日本マクドナルドホールディングス(HD)は2014年12月期に218億円の最終(当期)赤字を計上し、15年12月期には380億円に赤字が膨らむ見込みです。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1535文字)

窪田真之

窪田真之

楽天証券チーフ・ストラテジスト

1961年生まれ。84年、慶応義塾大学経済学部卒業。住友銀行、住銀投資顧問を経て、99年から大和住銀投信投資顧問。2004年11月に日本証券アナリスト協会の企業会計研究会委員に就任。07年には企業会計基準委員会の専門委員を務めた。14年2月から現職。