躍動する科学ベンチャー

ビル屋上にも設置できるマグナス発電の大きな夢

丸幸弘・株式会社リバネス最高経営責任者
  • 文字
  • 印刷
「暴走」で破壊された風車型風力発電機=チャレナジー提供
「暴走」で破壊された風車型風力発電機=チャレナジー提供

 台風による発電を可能にする「垂直軸型マグナス風力発電機」。チャレナジーはその研究開発に取り組んでいる。メリットは何か、そして今後、どのように実用化への道を探るのか。同社の清水敦史社長とリバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)が語り合った。【司会・構成、田中学】

 ──台風発電もできる「垂直軸型マグナス風力発電機」のメリットは何でしょうか。

 ◆清水敦史チャレナジー社長 発電機の要であるマグナス力を、円筒棒の回転によりコントロールできることが、最大のメリットです。円筒棒の回転を制御するためにモーターを用います。回転数を上げればマグナス力も大きくなり、回転が止まればマグナス力はゼロになる。風の強弱に対応できるので、台風発電も可能なのです。

この記事は有料記事です。

残り2153文字(全文2474文字)

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。