スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

ボーナス支給日こそ部下と一緒に目標設定を

細川義洋 / ITコンサルタント

 冬季賞与の支給時期です。ボーナスを受け取る時、社員はその額と自分の成績を比べていろいろと考えるでしょう。「まあ、こんなものか」「成績が上がったのになぜこの額なのか?」「思っていたより高い。会社の業績のおかげかな」などなど。

 査定する立場の上司は、自分の評価で決まったボーナスの額に部下が納得してくれるか不満を持つのか、気になるところでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1633文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。