躍動する科学ベンチャー

「ジェット機飛ばすぞ」ミドリムシ燃料の壮大な可能性

田中学・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
国産バイオ燃料計画を発表したユーグレナ出雲充社長(左から3人目)
国産バイオ燃料計画を発表したユーグレナ出雲充社長(左から3人目)

 ミドリムシ培養技術で知られるバイオベンチャー「ユーグレナ」が12月1日、横浜市や全日空などとともに「国産バイオ燃料計画」を発表した。同社は、世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功し、機能性食品や化粧品開発で上場を果たした新興企業。創業から10年で、最先端バイオ燃料実証試験の中核企業としてひのき舞台に躍り出た。【田中学】

 ユーグレナの出雲充社長は同日、羽田空港近くの全日本空輸格納庫内で行われた記者発表会で、こう宣言した…

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2490文字)

田中学

経済プレミア編集部

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。