週末シネマ

10年ぶりスター・ウォーズ 新たな伝説をつくるか

勝田友巳・毎日新聞学芸部長
  • 文字
  • 印刷
(c)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.12月18日(金)18時30分全国一斉公開
(c)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.12月18日(金)18時30分全国一斉公開

新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

 いくら続編ばやりのハリウッドでも、前作から10年もたった新作がこれほど話題になる映画は他にない。ファンでもそうでなくても、気になるに違いない。

 公開1年も前から話題作りが始まり、内容は極秘のまま、出演者の顔ぶれと思わせぶりな予告編、イメージだけで持たせてしまったのは、やはり別格だ。期待を高めるだけ高める戦略は、それだけ自信があるということだろう。

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1639文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。