左からチャレナジーの清水社長、小山CTO、宮崎副社長
左からチャレナジーの清水社長、小山CTO、宮崎副社長

IT・テクノロジー躍動する科学ベンチャー

福島原発事故が踏み切らせた「新電力」への挑戦

丸幸弘 / 株式会社リバネス最高経営責任者

対談:チャレナジー・清水社長×リバネス・丸CEO(3)

 事業化の可能性を見いだせるレベルの発電効率を達成した「垂直軸型マグナス風力発電機」だが、その開発は決して平坦(へいたん)ではなかった。開発途中で実現した二つのブレークスルーとは? チャレナジーの清水敦史社長とリバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)が語り合った。【司会・構成、田中学】

この記事は有料記事です。

残り2234文字(全文2405文字)

丸幸弘

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。