部下を伸ばす上司 ダメにする上司

「現場を見せて考えさせる」指示待ち部下の育成法

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 IT訴訟では、「専門家のプロジェクト管理責任」という言葉をよく聞きます。「開発業者は、顧客の目的を果たすITシステムを作り上げるために、自らの専門性を発揮しなければならない」ことを意味しますが、この責任を果たせない業者がいます。

顧客の要望だけを実現するのがプロではない

 例えば、以下のような例です。

 「お客様のご要望通り、顧客情報の登録、参照、削除ができるデータベースを作りました」

 「あれ、一度登録した顧客情報の修正機能はないの?」

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1496文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。