街の文化漂う 秘蔵の宿

「余裕のあるスタッフとサービス」でホテルを選びたい

稲葉なおと・紀行作家、一級建築士
  • 文字
  • 印刷
建築家アルド・ロッシが晩年に手がけた「ホテル日航奈良」
建築家アルド・ロッシが晩年に手がけた「ホテル日航奈良」

「秘蔵の宿」稲葉なおとさんに聞く(3)

 「街の文化漂う 秘蔵の宿」を連載している稲葉なおとさんのインタビューの最終回は、国内のホテルと、海外のホテルとの比較に話が及びます。【聞き手、今沢真・経済プレミア編集長、写真は亀井和真】

 −−2020年東京五輪に向け、大都市はホテル建設ラッシュという状況だそうですね。

 ◆稲葉なおとさん そうですね。銀座地区だけでも15年に4軒、16年も夏までに3軒のオープンが予定さ…

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2244文字)

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)