東芝問題リポート

投機対象に格下げされた名門東芝「債務超過の恐怖」

編集部
  • 文字
  • 印刷
会見に臨む東芝の室町正志社長=2015年12月21日、小出洋平撮影
会見に臨む東芝の室町正志社長=2015年12月21日、小出洋平撮影

東芝大規模リストラ発表(2)

 東芝が12月21日に発表したリストラ策は、子会社の米原子力大手ウェスチングハウスについては一切触れていない。リストラの結果、東芝は16年3月期で5500億円の最終(当期)赤字に陥る。

 ウェスチングハウスは単体で巨額の損失を計上し、東芝は連結決算にその損失を反映していない。ウェスチングハウスは手をつけないまま、家電やパソコンを中心とした不採算事業の整理で赤字額が5500億円まで拡大してしまったのだ。

 ウェスチングハウス単体で計上している資産である「のれん」に比べ、東芝が計上している「のれん」は膨ら…

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2156文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz