マンション・住宅最前線

「億ション買うより高級賃貸」これだけの理由

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
筆者が新宿で借りた高級賃貸マンションのリビングルーム
筆者が新宿で借りた高級賃貸マンションのリビングルーム

 私が「都心高級賃貸マンション」を借りることを決心したのは、自宅のスペースが不足していたからだ。

 わが家は介護の関係もあり、20年ほど前から2世帯同居の一戸建てである。所在地は横浜市内。それなりの床面積があるのだが、リビングが二つで浴室も二つ、トイレは3カ所といった特殊な間取りだ。一つ一つの部屋が広いこともあって、個室が一つ不足していた。子供が育つと、これが大きな問題となってきた。

 私が評論家という名の自営業であるため、都心部の拠点が必要だった。たとえば、早朝のテレビ・ラジオ番組…

この記事は有料記事です。

残り2086文字(全文2328文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。