育児サバイバル

「使えねー」と言われたくない父親は育児より残業を選ぶ

藤田結子・明治大商学部教授
  • 文字
  • 印刷
お母さんに連れられて保育園に到着した子供たち=埼玉県鶴ヶ島市のかこのこ保育園で、関口純撮影
お母さんに連れられて保育園に到着した子供たち=埼玉県鶴ヶ島市のかこのこ保育園で、関口純撮影

男の育児(2)

 前回、日本の父親たちが子供と一緒に「遊び」はしても、「世話」をしない傾向があることを紹介しました。そこにはいくつかの理由があることがわかっています。

長時間労働は一つの大きな理由

 Aさん(30代男性)は不動産会社で働いています。妻はパートタイム勤務で、子供は4歳。Aさんは毎日残業をしていて、帰宅時間はだいたい夜10時ごろです。そのため、平日は育児・家事はまったくしません。ときどき妻とけんかになりますが、妻は仕方がないとあきらめ気味です。

 関西大学の大和礼子教授らの研究によると、父親が育児・家事をする/しない理由は三つに大別できるそうで…

この記事は有料記事です。

残り1973文字(全文2250文字)

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。5歳の男の子を子育て中。