スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

上司の新しい1年は「部下との面談」で始まる

細川義洋 / ITコンサルタント

 あけましておめでとうございます。年の初めは、心身がリフレッシュされ、気持ちも新たになります。日々の仕事に追われる状況になる前に、この1年で挑戦してもらいたいこと、身につけてほしいスキルを部下に伝え、キャリア計画の方向性を決めましょう。

 例えば、課長への昇進を期待している部下がいれば、「今年は課長昇進を目指してほしい。そのために開発作業の負担を減らすから、経理を勉強してもらいたい」などと具体的なゴールを示します。

 その後は、年初に立てた方向性について、数カ月ごとに面談して進み具合を確認します。なぜ定期的な面談が…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1047文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。