格闘技大会で闘う二足歩行ロボット=吉田製作所提供
格闘技大会で闘う二足歩行ロボット=吉田製作所提供

政治・経済良い物をより高く売る経営

二足歩行ロボットで消滅回避 山形県長井市の危機感

中村智彦 / 神戸国際大学教授

 昨年11月30日に掲載した「企業城下町崩壊 ロボット開発で再興図る山形県長井市」で紹介したように、長井市の中小企業経営者たちは大企業からの自立を求められる状況に陥った。新たな道を模索していた1990年代の終わりごろ、彼らは「二足歩行ロボット」に出会い、活路を見いだすことになった。

「フラワー戦隊ナガレンジャー」の取り組みを基点に外部と連携

 2003年、長井市とその周辺の西置賜地区の製造業27社による「西置賜工業会」が発足。その中に参加企業の後継者など若手20人からなる次世代グループが作られた。若手グループのリーダー役を務めた、長井市に本社を置く昌和製作所の小関博資社長が「とにかくおもしろく、すぐに金もうけでは“ない”ものを」と言って始めたのが、「NAGAIロボットプロジェクト」だった。

 当初、筆者がおもしろい取り組みだから「どこかに紹介記事を書きたい」と話すと、メンバーは「オヤジたち…

この記事は有料記事です。

残り1971文字(全文2368文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、日テレ系「世界一受けたい授業」の工場見学担当も務める。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
1月末に発売されるウイコウの「トミー3プラス」

仏でシェア2位「ウイコウ」1万4800円スマホの勝算

 フランスに本拠を置くスマホメーカー「ウイコウ(Wiko)」の日本法人が、1月末に新モデルの「トミー3プラス」を発売する。 トミー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…