2015−16日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー=日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会提供
2015−16日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー=日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会提供

政治・経済経済プレミア・トピックス

「日本の技術と誇り」を称賛するカー・オブ・ザ・イヤー

川端由美 / 自動車ジャーナリスト

2015−16日本カー・オブ・ザ・イヤー(2)

 マツダ「ロードスター」がホンダ「S660」の猛追をかわして受賞した今回の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)だが、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーも同様に激戦だった。本賞が国産車である場合、輸入車の中で最も得点の高いクルマに与えられる賞である。常連のフォルクスワーゲンとメルセデス・ベンツが不在という異例の状況もあって、BMW「2シリーズ・アクティブツアラー/グランツアラー」と、ジャガー「XE」がほぼ一騎打ちの様相だった。

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2515文字)

川端由美

川端由美

自動車ジャーナリスト

大学院で工学を修め、エンジニア、自動車雑誌編集部員を経て、自動車ジャーナリストに。海外のモーターショーや学会も積極的に取材する国際派。2009年から、カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。15年からインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考員の他、官公庁の有識者委員などを歴任。