COP21の会場前では、地元産のリンゴを交渉関係者や記者に振る舞うサービスも行われた=坂井隆之撮影
COP21の会場前では、地元産のリンゴを交渉関係者や記者に振る舞うサービスも行われた=坂井隆之撮影

グローバル海外特派員リポート

パリ協定採択にこぎつけたCOP21議長国の面目

坂井隆之 / 毎日新聞・前欧州総局特派員(ロンドン)

 2020年からの地球温暖化対策を決める「国連気候変動枠組み条約締約国会議」(COP21)を昨年12月上旬の1週間、パリ郊外の特設会場で取材した。

 直前の11月13日、130人の犠牲者を出した同時多発テロが発生したため、パリ市内では自動小銃を構えて警戒する兵士の姿がいたるところで見られた。

テロ警戒のパリでもオープンな雰囲気の会場

 COP会場周辺は兵士や警察官約3000人で厳重に警備され、交渉関係者や記者は最寄りの駅からシャトルバスで会場敷地に入り、建物入り口で金属探知機による持ち物検査を受けた。ペットボトルや瓶入りの飲み物も中身がチェックされ、没収される来場者もいた。主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)など過去にいくつも国際会議を取材したが、飲み物まで没収するのを見たのは初めてで、テロを受けて警戒を強めていることを改めて実感した。

 ただ、いったん会場に入ると、COPには独特のオープンな雰囲気があると感じた。会場となった国際展示場…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1849文字)

坂井隆之

坂井隆之

毎日新聞・前欧州総局特派員(ロンドン)

1973年、京都市生まれ。広島大学大学院修了。98年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、2003年から経済部で証券、自動車、日銀、金融庁、財務省などを担当。12年10月から欧州総局経済担当特派員として、英国をはじめ欧州、中東、ロシア、アフリカの経済ニュースをカバーした。16年10月から再び経済部。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
荒野の中の一軒宿でもてなしてくれた夫婦。彼らはアフリカーナー(オランダ系白人)だった(写真は筆者撮影)

南アに囲まれた「レソト王国」入国直前まさかの撤退

 ◇南アフリカ編(6) 南アフリカに囲まれた小さな王国レソトに最も近い田舎町レディブランドまで、700キロ近くを1日で走ってきた筆…