ロボットと人間とミライ

お年寄り相手に本領発揮か「介護ペッパー」の可能性

石川温・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ソフトバンクの感情認識ロボット
ソフトバンクの感情認識ロボット"ペッパー"とふれあうお年寄りら=神奈川県の介護施設「花織たま東」で

 ロボットの活用が期待されている分野のひとつに「介護」がある。介護現場は常に人手不足に悩まされているが、その状況を改善するためにも、ロボットを活用しようという動きがあるのだ。

 そんななか、神奈川県内の小規模多機能型居住介護施設「花織たま東」(川崎市多摩区宿河原)が、ソフトバンクの感情認識ロボット「ペッパー」をお年寄りたちに触れさせるという取り組みを行っていると聞いて、見に行った。

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2044文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石川温

ジャーナリスト

1975年、埼玉県生まれ。中央大学商学部を経て、98年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社。日経トレンディ編集部で、ヒット商品、クルマ、ホテルなどの取材を行ったのち、独立。キャリア、メーカー、コンテンツプロバイダーだけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの海外取材、執筆活動を行う。テレビやラジオなどでのコメント出演も多い。メルマガ「スマホ業界新聞」を配信中。