埼玉県鶴ヶ島市で=関口純撮影
埼玉県鶴ヶ島市で=関口純撮影

くらし育児サバイバル

増える不妊治療「子供を持つのは当たり前」なのか

藤田結子 / 明治大商学部教授

晩産化と不妊治療(1)

 日本の女性が第1子を産む平均年齢は30.6歳。若いうちに子どもを産み育てることが難しくなり、不妊治療を受ける人が増えています。今回は、不妊治療とお金の問題を扱います。

3人に1人は200万円以上を支出

 現在、赤ちゃんの約4人に1人は35歳以上の母親から産まれています。不安定な雇用やキャリアのために、出産を先延ばしした女性も少なくないでしょう。35歳を過ぎてから運よく、すぐ出産できる人もいますが、妊娠しにくくなる人の割合は増えます。

 不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦は、20〜40代夫婦の6組に1組と言われています。日本産科婦…

この記事は有料記事です。

残り2341文字(全文2619文字)

藤田結子

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。4歳の男の子を子育て中。