スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

小さな商談を気にかける上司に部下はついてくる

細川義洋 / ITコンサルタント

 人には、自分に関心を持つ他者の期待に応えようとする傾向があります。この傾向は、実験と調査が行われた米国の工場名にちなんで「ホーソン効果」と呼ばれています。ホーソン効果にはさまざまな反論や異論があり、仮説の域は出ていないのですが、上司として知っておいても損はしません。

 これが良い方向に働くと、自分に関心を寄せてくれる上司のもとでは、仕事へのやる気が高まり、作業効率や品質が上がることが期待できます。逆の方向に働くと、部下は上司に言われた以上の仕事をすることはなく、そう見せかけようとすることもあるそうです。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1430文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。