IT・テクノロジーITが変えるビジネスの近未来

タブレットに資料を収めてCAは今日も空を飛ぶ

林信行 / ITジャーナリスト

 スマートフォンやタブレットの登場で、それまでITと縁がなさそうだった業界のIT化が一気に進んでいることを紹介してきた本連載。今回から個別の業界事情ではなく、スマートフォンやタブレットのどんな特性が、人々の行動にどんな変化をもたらしているのかという点にスポットライトを当てたい。

重さ数キロの紙マニュアルから解放

 今回は、タブレットの「資料持ち歩きデバイス」としての特性を取り上げる。この特性に注目をしているのは航空業界、そして各種の営業職などだ。

 航空業界といえば、現在では全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)のどちらもiPadの導入が進んで…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1516文字)

林信行

林信行

ITジャーナリスト

1967年生まれ。アップルやグーグルの動向や技術、製品を継続的に取材対象としており、情報技術分野のテクノロジーに明るい。近年は、自動車やファッションなどのさまざまな業界におけるIT活用の取り組みに関心を持ち、人々の暮らしや社会にもたらす変化をテーマとしている。著書多数。