World Watch(ワールド・ウオッチ)

「冷戦の雪辱」狙うロシアにオバマ政権はどう対抗するのか

及川正也・論説委員
  • 文字
  • 印刷
軍拡計画について演説するロシアのプーチン大統領=2015年6月、杉尾直哉撮影
軍拡計画について演説するロシアのプーチン大統領=2015年6月、杉尾直哉撮影

 11月の米大統領選に国民の関心が移る今年、オバマ大統領にとっては、2期8年の政権の総仕上げの年となる。歴代大統領は最後の年に、歴史に名を刻む「遺産」を残すべく、最後の手腕を振るってきた。現在、過激派組織「イスラム国」(IS)や海洋進出を続ける中国など外交課題は山積しているが、最大の難関は東西冷戦の旧敵ロシアだろう。

 「米国に対して実際の脅威を与える可能性がある国を挙げろと言われるなら、ロシアを挙げなければならない…

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1866文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

及川正也

論説委員

1961年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。88年毎日新聞社に入社。水戸支局を経て、92年政治部。自民党下野から自社さ政権、野党再編などを経て民主党政権に至る激動の日本政界を20年余り追い続けた。2005年からワシントン特派員として米政界や外交を取材。13年北米総局長。16年4月から論説委員。