IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

字数制限撤廃?「ツイッター」はどこに向かうのか

まつもとあつし / ジャーナリスト

 ツイッターが字数制限を実質的に撤廃するという報道が、インターネットサービス業界をにぎわしています。2006年のサービス開始以来、「1投稿140字以内」という制限を設けていました。これを一気に1万字まで拡大するのではないかというニュースが流れ、それに応じて、米ツイッター社のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が行った投稿が臆測を呼んでいるのです。

〓https://twitter.com/jack/status/68449652962155724…

この記事は有料記事です。

残り2361文字(全文2588文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。