(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会
(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

社会・カルチャー週末シネマ

全編に漂う脱力感「の・ようなもの のようなもの」

勝田友巳 / 毎日新聞学芸部長

 まさに、愛すべき小品。どってことのないちっちゃな話に、小さな笑いと哀調があり、最後はささやかに一歩前進。見終わってきっと元気が出る。ただしほんの少しだけ。2011年に亡くなった森田芳光監督の、1981年のデビュー作「の・ようなもの」を知っていれば、感慨もひとしおだろう。

森田芳光監督デビュー作「の・ようなもの」の続編

 志ん田(松山ケンイチ)はさえない前座の落語家だ。会社を辞め、志ん米(尾藤イサオ)の下で内弟子修業中の毎日である。しかしきちょうめんすぎて噺(はなし)に艶がないとダメ出しされ、ひそかに思いを寄せる志ん米の娘・夕美(北川景子)にもいいようにあしらわれるばかり。

 一門会が近づいたある時、後援会長(三田佳子)が「志ん魚の落語が聞きたい」と言い出した。志ん魚(伊藤…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1537文字)

勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…