東芝問題リポート

東芝の第三者委員会は「誰のために」仕事をしたのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝不正会計問題の調査結果を報告する第三者委員会のメンバー=2015年7月21日、後藤由耶撮影
東芝不正会計問題の調査結果を報告する第三者委員会のメンバー=2015年7月21日、後藤由耶撮影

 リスク管理の専門家、中島茂弁護士に、東芝不正会計の話を伺うインタビューの第2回は、不正を調べた第三者委員会が昨年7月にまとめた報告書に話が及びます。報告書は、「チャレンジ」と称して歴代3社長が過剰な利益水増しを部下に要求したことを詳細に調べあげました。それで東芝不正会計の実態が解明されたのでしょうか。経済プレミア編集長の今沢真がインタビューしました。【写真・亀井和真】

 −−第三者委員会の報告書について伺います。報告書が肝心の部分を調べていない。東芝子会社の米原子力大手ウェスチングハウスの問題です。東芝が買収した際に、資産として計上した巨額の「のれん」。これが福島第1原発の事故で減損処理が必要になっていたのではないか。それが不正会計の背景にあると指摘されていた。ところが第三者委員会は調査対象から外しているんです。この第三者委員会の姿勢をどう思われますか。

この記事は有料記事です。

残り2773文字(全文3155文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz